ゆめしるべ

ユング心理学に基づいた夢診断で深層心理を知るためのサイト

会社が倒産する夢の意味4パターン

 

会社が倒産する夢を見ると嫌な感じがしますよね。

この夢の意味合いとしては、

  1. 実際に今の会社が倒産しそうだと感じている。
  2. いっぱいいっぱいになっている。
  3. 誰かから多大な迷惑をかけられそうに感じている。
  4. 早めに何かを止める必要性を感じている。

の4つのいずれかです。順に詳細を解説しますので、いずれかしっくりくるものがあればご参考下さい。

スポンサーリンク

実際に今の会社が倒産しそうだと感じている

いわゆる警告夢です。

一見会社の経営が安定してそうに見えていても、心のどこかで「このやり方はマズイ。この会社のココがマズイ。倒産するのではないか?」という不安を感じていて、それが夢に現れているケースです。

今の会社のマズイポイントを改善出来るのであれば、早めに改善すべきというメッセージ。もしくは今の会社から給料が払われるうちに早めに辞めて、他を探すべきというメッセージ。

実際の倒産とは関係の無い場合の意味合いを解説します。

いっぱいいっぱいになっている

会社が倒産するように、あなた自身が仕事や家事・育児などでいっぱいいっぱいになっていて、倒れそうになっている時かもしれません。

潰れる会社は書類が多いといいますが、色んな事を頑張りすぎて自分自身の整理がついていない状態ともいえます。

倒れる前に、しっかりと休養すべきというメッセージ。

誰かから多大な迷惑をかけられそうに感じている

会社が潰れると、当然従業員は大きな迷惑を被ります。これに近いイメージを、身近な人から受けそうに感じていて、それが夢に現れるケースです。

ただし、倒産した会社の経営者側の場合だと迷惑をかける側になりますので、あなた自身が「今のままだと身近な人に迷惑をかけてしまいそう。責められそう」と感じている場合もあります。

早めに何かを止める必要性を感じている

会社の倒産というと良くないイメージがありますが、心理学的には破壊と創造を意味します。

何かを辞める事で新しいスペースが生まれ、新しい何かをスタート出来ます。その新しいスタートを切るために、早めに今やっている何かを辞めるべきというメッセージ。

見込みのない事は早目に損切りする、切り捨てるべき!と感じているのかもしれません。

番外編、自営業の実家の店が潰れる夢

これは、親からの自立を意味します。

というのも自営業の実家が潰れてしまうと、自分自身もどこかに働きに出て、親とは仕事上で関わらずに稼ぐ必要があるためです。

または、親を世話する必要性を感じている場合もあります。

まとめ

会社が倒産する夢の意味として

  • 実際に今の会社が倒産しそうだと感じている。
  • いっぱいいっぱいになっている。
  • 誰かから多大な迷惑をかけられそうに感じている。
  • 早めに何かを止める必要性を感じている。

の4つを紹介しました。

イメージ的には嫌な夢ですが、必ずしも悪い意味合いではありません。

スポンサーリンク


キーワード検索

ゆめしるべの情報はこちらで配信してます。

-その他